メニューを飛ばして本文へ

お料理

JAPANESE CUSINE

時をこえて愛される 記憶に残る料理

料理とは
(ことわり)を料(はか)るもの

「天」は 季節の旬の食材を活かした料理
「地」は 地の素材 地方の特産物を活かした料理
「人」は 料理人の匠の技を活かした料理

四季彩一力の料理への想いは ここにあります
磐梯熱海の地で
百年前より多くの貴賓をおもてなししてきた一力

新鮮な食材を使用し 一力だからこそできる細かな職人技で
和のおもてなしの一品をお客様に召し上がっていただきたい
伝統を守りながらも 常に新しさを追求している一力のお料理は
旬の食材 繊細な手技 盛り付けなどは
すべてにおいて四季を表現しています
その時期に 一番おいしいものを 一番おいしい調理方法で
一品一品丁寧に造っております

山の幸 海の幸 川の幸

天地の恵みである食材本来の味を味わって頂けるよう
手間暇を掛けて仕込みをしていきます
四季彩一力のお料理を 目で楽しみ 香りで心地よく 舌で味わって下さい

仕込み

日本料理の華と言われる「椀物」
「椀物」を造る場合 丹精込めて造られた鰹節を贅沢に使い時間をかけて素材本来の味がしっかり出るように出汁を取っていきます
出来上がった「椀物」は  見た目の色やその香りもよくお召し上がりいただく瞬間に 芳醇な風味をお楽しみいただくため 丁寧に仕上げていきます

この手間ひまを惜しまないその姿勢は
創業以来百年かわらないものとして受け継がれており
料理の美味しさへと繋がっています

朝食

シンプルでありながら素材にこだわった和食をお出ししております
近隣で採れた新鮮な山の幸 海の幸を使用し 多種多彩なおいしさ
四季を通じて採れたての旬の味を心ゆくまでご堪能ください

福島の地酒は料理によく合います

六年連続金賞受賞数日本一に輝いた全国有数の 米どころ福島県
長い歴史を持つ、老舗の酒蔵が多くあり
伝統的な造りから個性的な造りまで 個性豊かな銘酒が揃っています
四季彩一力で丹精込めて造られた料理と美酒で
心地よいご夕食をお楽しみください

料理の小話

会席料理

会席料理の歴史は「茶屋」などで出されるようになった事が始まりと伝えられており
お酒を中心とした宴席料理を懐石とは逆に 前菜 煮物 刺し身 焼き物などを先に供し 最後にご飯と汁を出していきました
江戸中期以後は器も料理も工夫され華やかなものになり
その時代背景の中で会席料理の基本である「五味 五色 五法」が完成されてきました

五味とは 五つの味
「甘い 辛い しょっぱい にがい すっぱい」
五色とは 五つの彩
「赤 黄色 青 白 黒」
食材でこの色が無い場合は 器や敷紙などで代用します
五法とは 五つの食べ方
「生で食す 煮て食す 焼いて食す 蒸して食す 揚げて食す」

当初五品であった会席料理は 時代と共に品数が増え
現在の十品前後の品数に移り変わっていきます

御馳走

料理の事を「ご馳走(ごちそう)」と言いますが「馳走」という言葉は 馬を走らせると書きます
昔は今のように簡単に食材を買いに行くことが出来ず 遠くまで走って食材を調達しなくてはなりませんでした
その苦労のあとの食事を「御馳走」と言う漢字で表し
食事が終わった後に「ごちそうさま」と言う表現は
走ってまで食事を用意してくれたことに対して 感謝の気持ちを表す敬語の接頭辞である「御」
敬う気持ちを表現する「様」をつけて 「ご馳走様」と言うようになりました

総料理長 齋藤清男(全技連マイスター)

アレルギー対応について

アレルギーをお持ちのお客様に関しましては、3日前までにお申し出のあった場合に、出来る限りの対応をさせていただいております。
当日のお申し出の場合、新鮮な食材を仕入れしている関係上、対応出来かねますのでご理解を頂けますようお願い申し上げます。
また「甲類のアレルギー」については、食材の交換などの対応は可能でございますが、「小麦、大豆」などのアレルギーの場合は
調味料等に含まれていることもあり全てに対応することが出来かねる場合がございます。
また調理器具に付着したごくわずかな成分まで完全に除くことは非常に難しい状況となっておりますのでご理解頂ければ幸いです。

【「持病」をお持ちのお客様へ】
療養中 または お医者様からの指導による「食事制限」がある場合、
旅館としては、完全にご要望にお応えすることは難しい状況でございます。
お客様のお体の安全を確保するためにも、「持病」「重度のアレルギー」をお持ちの場合は、
かかりつけのお医者様にご相談の上、お客様ご自身の判断でお召し上がり下さいますようお願い申し上げます。

宿泊予約

ページトップ

メニュー

宿泊プラン一覧